歴史上の有名な人物と名刀はどのような伝説があるのでしょう

日本刀日本刀はどきとして戦の道具として、またある時は身分の象徴として、実用性、装飾性の高い日本刀は時代とともにそのポジションを変えて有名な武将や人物とともに歴史を刻んできました。歴史と人物と日本刀を見ていくと面白いです。どんどん懲戒していきますね。

佐々木道誉と一文字

「ばさら大名」で奇人として知られる佐々木道誉の佩刀が「道誉一文字」である。備前の國で活躍した刀匠の一派で茎に刻まれた「一」の文字がその特徴になっている。佐々木道誉は北条家の家臣であったが、後醍醐天皇が倒幕運動をした際に加担し足利氏に付き北条氏を裏切った。ついには六カ国の守護を兼任し、道誉は享年78歳まで生き抜いた。一文字の刀は尾張徳川家に伝わり。さらに備前池田家、盛岡南部家を経て明治天皇に献上された。